腸内環境 改善 サプリ

腸内環境を改善するサプリメント(ビオフェルミン)の驚きの効果とは!!

腸内環境を改善するサプリメント(ビオフェルミン)について

 

誰しもお腹の調子が優れないなという経験ありますよね。
そういう場合は腸内環境が整っていないかもしれません。

 

では腸内環境を改善するためにはどうすればいいのでしょうか?

 

そこで日本ではポピュラーな整腸剤である「ビオフェルミン」と善玉菌を多く含むサプリメントに注目して比較してみましょう。

ビオフェルミンとは

日本ではポピュラーな整腸剤として知られている指定医薬部外品です。
家庭に一つは常備しているのではないでしょうか。

 

赤ちゃんからお年寄りまで飲めるもので3種の乳酸菌が配合されています。

 

その3種とはお馴染みの、、、

 

  • ビフィズス菌
  • フェカリス菌
  • アシドフィルス菌

 

で生きたまま腸まで届き、腸内環境を改善してくれるのです。

 

この効果を最大限発揮するには食後の胃酸が弱まった時に服用することが重要です。

 

またこの乳酸菌はヒト由来のもので人の腸内で活躍しやすい乳酸菌です。

 

「人にはヒトの乳酸菌」と言われる理由が分かりますね。

 

ビオフェルミンの副作用はないのか?

体内に入れるものですから副作用があったら不安ですよね。

 

ビオフェルミンは医薬品と違い、指定医薬部外品なので比較的副作用は少なく安全性が高いとされています。
 
そのため作用は緩やかに効いていくので、即効性はありません。

 

飲み続けても問題はないので継続的に服用した方が効果が得られます。

 

また元々ヒト由来の乳酸菌。

 

摂取しても害はないので妊娠中や授乳中の方が服用しても問題はありません。

 

心配な場合は医師や薬剤師に相談してみましょう。

 

善玉菌サプリメントとは

善玉菌サプリメントは1回の服用で乳酸菌がおよそ1兆個も含まれており、乳酸菌の数ではビオフェルミンよりも多いです。

 

善玉菌サプリメントで代表的なものは「乳酸菌EC12」が挙げられます。

 

乳酸菌EC12というサプリメントは高度な加熱処理により作られているので摂取した乳酸菌をそのまま腸内に届けることができます。

 

ビオフェルミン同様、ヒト由来の乳酸菌なので安心感があります。

 

また乳酸菌EC12は善玉菌のエサとなるオリゴ糖も
配合されているので、腸内環境の改善にはもってこいのサプリメントでしょう。

 

まとめ

ビオフェルミンと善玉菌サプリメントを比較すると乳酸菌の数から考えればサプリメントの方が効果が早く見られるかもしれません。

 

しかし腸内細菌の生態系は人によって違いがあり乳酸菌の種類で合う合わないがあります。

 

なかなか効果が見られない場合には他の整腸剤や乳酸菌サプリメントに変えてみてもいいかもしれませんね。

 

腸内環境を改善する方法〜免疫力UPする期間について

最近体調が優れないということはありませんか?
なかなか疲れが抜けなかったり、風邪を引きやすかったり…。

 

その場合腸内環境が悪化している可能性があります。

 

腸内環境の悪化は免疫力低下を招き様々な不調を引き起こしてしまうのです。

 

では腸内環境を改善し免疫力を高める方法はあるのでしょうか?

 

免疫力と病気の関係

恐ろしいことに人間の体には毎日3000〜5000個ものガン細胞が出現しています。
それでもすぐガンにならないのは免疫細胞が倒してくれるからです。

 

その他にも様々な生活習慣病から守るために免疫細胞が戦ってくれているんですよ。

 

腸内に存在する細菌の働き

腸内には100兆個もの細菌が存在しています。
その中で善玉菌は免疫細胞を活性化させる働きがあります。

 

なんと免疫細胞の7割が腸内で作られているのです。

 

腸内環境が整っていると、この免疫細胞が元気に
活動してくれるので健康には不可欠なんですね。

 

腸内環境を改善する方法

乳酸菌を多く含んだ食品を摂取する

乳酸菌の一種であるビフィズス菌を含んだヨーグルトやヤクルトなどの乳酸菌飲料は腸内細菌を増やす効果があります。

 

発酵食品を摂取する

チーズやキムチなどの発酵食品には乳酸菌が豊富に含まれています。
また味噌には麹菌、納豆には納豆菌が含まれていて腸内細菌を増やす働きがあります。

 

オリゴ糖や食物繊維を含んだ食品を摂取する

オリゴ糖や食物繊維は消化されないまま腸まで届き、腸内細菌のエサとなります。

 

オリゴ糖シロップをヨーグルトなどにかけて直接摂取するかバナナにもオリゴ糖が含まれているのでバナナヨーグルトもオススメです。

 

食物繊維は根菜を中心とした野菜、きのこや海藻に多く含まれています。

 

食品添加物を避ける

加工食品を製造する際に腐敗を遅らせるための保存料(ソルビン酸など)を使います。

 

この保存料を摂取すると腸内細菌の増加も抑制してしまうという実験結果が出ているようです。

 

私たちの食生活から加工食品を全て避けることは難しいですがなるべく減らす工夫をしてみましょう。

 

効果が見られる期間

腸内環境を改善し、免疫力アップや体質改善の効果が見られる期間は1年以上かかる場合もあります。

 

まとめ

腸内環境は健康のバロメーターと言われるくらい免疫力と深くつながりがありましたね。

 

体外から接種した善玉菌は腸内にとどまることがないので継続的に摂取することが重要です。

 

ヨーグルトやバナナなど自分の続けやすい食品を習慣にして腸内の善玉菌を絶えず減らさないようにしましょう。